新聞紙には嫌な湿気を取り除く除湿効果があります

ジトジトとした湿気をなくすために、除湿機のお世話になっている人は多くいます。
限られた時期にしか使わず、買うことに躊躇している人のために楽ちんな湿気対策があります。

 

読んでしまったらゴミに出すときまで積んでおくだけの新聞紙ですが、新聞紙には嫌な湿気を取り除く除湿効果があります。
新聞紙をぐしゃぐしゃに丸めて押入れの中に入れておくだけで、除湿効果が得られます。

 

湿気を吸って、新聞紙がしんなりとした感じになったら取替えましょう。
布団と布団の空いている空間におよそ1日分の新聞紙を挟み込む方法も、押入れの除湿に活躍します。

 

この他、脱衣所の除湿を行いたいときにも新聞紙を役立てることが可能です。
お風呂のバスマットというのは湿気を帯びやすく、知らぬ間にカビが見られるようになることも少なくありません。

 

バスマットの湿気やカビ対策には、バスマットと床との間に新聞紙をおよそ5枚重ねておきましょう。
バスマットの裏側、床の上に新聞紙を挟むだけで、水分を吸い取って湿気を除去してくれます。

 

しかし湿気を吸収した新聞紙をそのままにしておいては除湿できず、湿気を吸収した新聞紙にカビが生えてしまう恐れがあるので、3日に一度は新聞紙を取り替えましょう。

 

一方、押入れの時と同様に新聞紙を除湿剤として靴箱に応用できます。
雨で濡れてしまった革靴などに軽く丸めた新聞紙を入れて、2時間ぐらいで交換していくと2倍速で履き物を乾かすことができます。

 

つまり、新聞紙には水分を取り込む力があるということが理解できます。

関連ページ

やはり有効なのは除湿機
ジメジメした梅雨の除湿方法を紹介します。暑い夏も快適に過ごしましょう。
値段が安い除湿剤も意外と使える!
ジメジメした梅雨の除湿方法を紹介します。暑い夏も快適に過ごしましょう。
梅雨時は除湿剤が欠かせません
ジメジメした梅雨の除湿方法を紹介します。暑い夏も快適に過ごしましょう。